2012年03月30日

卒園

先週末、次男が通っている保育園の卒園式がありました。

長男からお世話になっているので、7年間お世話になりました。

よちよち歩きの子供たちが年長さんになり、立派に卒園式を迎えることが
できて、本当に嬉しいです。

卒園式で、何が泣けるかというと・・・。やはり、子供たちの歌声です。
みんな並んで、精一杯歌っている姿をみると、それだけで、ぐっときます。
そして、一人一人、卒園証書を受け取る姿。
じっと座ってなかった自分の子が背筋を伸ばして歩いて、
きちんと卒園証書を受っとってる姿・・・また、ぐっときます。^^


保育園の園舎は木造で暖かみがあり、とっても居心地のいい保育園でした、
仕事が終わって迎えに行くと、ほっと落ち着ける場所でした。

先生たちもみ〜んなとってもいい先生で、私たち保護者にも
いつも笑顔で接していただいてました。

朝、子供を送りに行くと『いってらっしゃい』
と、笑顔で送り出してくれて。
夕方、迎えに行くと『おかえりなさい』と、言ってもらえて。

私たち母親はその言葉をいつも言う側なので、言われてとっても
嬉しかったです。

保育園のおかげで、私は安心して働くことができました。
子供たちものびのびと元気に大きくなりました。


先生、本当にありがとうございました。^^

また、運動会とか、夏祭りとかのイベントの時、
遊びに行きますね。^^
(先生、ブログ、見てくださってますよね〜。)


ありがとうございました。^^


posted by 梱包shop at 12:36| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

どんぶらこっこどんどこ亭

先日、次男の通う保育園で親子観劇がありました。

私も子供の頃は保育園や小学校などで観劇の機会があり、何度か見た記憶がありますが、
大人になってからは、見る機会がなくなり、久しぶりの劇で子供よりも私の方がわくわくと楽しみにしていました。

今回、見せてもらったのは

劇団風の子九州さんによる
「どんぶらこっこどんどこ亭」
です。

劇団の方が3人いらっしゃって、保育園のホールでやってくださいました。

はじめにアジアの小話、アジアの昔遊びの紹介や民族衣装のファッションショーなどをやって、
最後に「きつねのホイティ」の劇をやってくださいました。

「きつねのホイティ」は絵本であるのですが、
長男が保育園に通っている頃、この絵本が大好きで毎週借りて、毎日のように読んでいました。
その劇が見れるとあって、子供も私もとても嬉しかったです。
劇ではひょうたんで作ったお面をかぶって演じていました。
なんともひょうきんな表情のお面をかぶって、楽しい歌を交えながらの劇で、
面白かったです。

保育園の子供たちは絵本で読んだことがあるので、お話をよ〜く知ってます。
なので、きつねが人間に化けて、ランゴー・マンゴー達をだまして、
ご飯を食べさせてもらうお話なのですが、
「本当はきつねだよ〜!!」
とか
「騙されてないよ〜!!」
とか
お話を先に言ってしまったり、して。あせあせ(飛び散る汗)
でも、そんな時、劇団の方達は子供たちに「しーっ、それはまだこれからだよ」
と、逆に子供たちにつっこみを入れて、笑わせてくれました。

劇団の方達によるアットホームな劇で。
それでいて、劇のセットや小道具はとっても凝っていて、しっかりとした劇を見せてもらいました。

劇団風の子九州さん。
ありがとうございました。るんるん


posted by 梱包shop at 16:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。